私が信じていた友情は、SNSの解除一つで崩れる友情だった

あまり疑いたくはなかったのですが、あの時ばかりは本当に友達なのかと疑わざるを得なかったです。

それは専門学校時代に遡ります。
私は上京して都内の専門学校に通っていたので、知り合いが誰一人いない状態でした。
そんな感じの人が多いクラスだったので、ほぼクラスメート全員が友達といっても過言ではない状態でした。
そして今回私が疑ってしまったのはAというクラスメートでした。
彼女は引っ込み思案な私と正反対な人物で、かなり気が強く、みんなを引っ張っていくリーダータイプの子でした。
そのAにヴィジュアル系のことや色々なことを教えてもらい、感化されたのも事実で、
その点は未だに感謝しています。
わりと好みも一致していたのもあり、お互いのSNSのアカウントを相互フォローしていました。それが今回のことに繋がるとはその時思っていませんでした。

事件が起きたのは専門学校を卒業し、私が地元に帰ってからでした。
Aとは卒業後にヴィジュアル系バンドのライブに行くために一度だけ会いました。
そのライブが終わってから彼女がSNSの方にあまり顔を見せないことが続いたので
仕事が忙しいのかなと思い、特に気にもしませんでした。
そんな状態が1、2か月ほど続いたので多忙なのかな?大丈夫かな?とさすがに心配になっていました。
ある日夜、Aが久しぶりにSNSの方を更新したのでよかったと思い、TL(タイムライン)上ではありますが、私も「お帰り~」と書きました。
ところが私のフォロワーの中にいるAと相互の人に、Aは何かしらの反応を返していたのですが、私にはまるで透明人間みたいにスルー。
え?なんで?TLだから流れちゃったかな?と思ったのと同時、まさか…という不安が脳内を掠め、とっさにAのフォローしている人リストをそっと覗きました。
この不安は杞憂であってほしかったのですが―、

…私、Aからフォロー解除されていました。

つまり私が彼女を一方的にフォローしている状態になっていました。
最初は信じたくなかった。何かの事故でフォロー外れたんだろう、と。
よくシステムエラーで外れるって話があったので、きっとそれなんだろうと思いました。

だから彼女の発言などに何かしら反応してみたりしたのですが…再びフォローが返ってくることはなく、さすがに心が折れた私も解除してしました。
その後ブロックまでされ、最初こそはショックでしたが、今となれば、そんな相性良くなかったかもなと考えるようになりました。
出来れば私も、あの時Aになんで解除したのか問えばよかったのだと思うのですが、そんな勇気ありませんでした。

専門時代のクラスLINEで極まれにクラスメートたちがAと交流しているのを見るのですが、私は既読だけつけて返信しないようにしています。